(その後の) a piece of cake !

今宵、すべての劇場で。

〝君はヲロチ〟双数姉妹

花組芝居からの客演、さらに初の時代劇ということで、果たしてどんな芝居になるのか興味半分、不安半分だった双数姉妹の新作だが、なるほど、現代劇とシンクロするドラマときたか。時代劇というと、わたしの中ではいささかコンサバなイメージがあるのだけれど、ふたつの物語をパラレルに語るこの手法だったら、この劇団の芝居として十分に成立するなぁ。
さとみ(帯金ゆかり)は、友人の真澄(大倉ヤマ)から紹介された援助交際相手のサラリーマン定岡(小林至)が余命いくばくもないものと思い込み、彼のためなら何でもしてやろうと決心した純情な女子高校生。ところが、間に入った真澄の恋人である水内(中村靖)は、定岡の金をさとみに渡さず、ネコババしていた。定岡の上司(今林久弥)から邪魔をされたりしながらも、ぎこちない交際を続けるふたり。しかし、定岡も気弱なところがあって、さとみに体の関係を迫ることができない。
一方、室町時代のとある旧家。巨万の富を誇る鈴木九郎(今林久弥)には、妻のお芳(山下禎啓:花組芝居)との間に、目に入れても痛くない一人娘のお清(近藤英輝)がいた。ところが、金とためなら人を殺めることをなんとも思わない当主の悪事がたたってか、婚期を迎えたお清の肌には蛇の鱗が生えていた。そんなお清に、使用人の佐吉(阿部宗孝)、が恋をしてしまう。ふたりは、駆け落ちしようとするが、九郎は財産の隠し場所を知る佐吉を口封じのために殺そうとする。
ふたつの話に、それほど強い結びつきは感じられないが(一応、金と恋をキーワードとしているようだ)、双方を繋ぐ役割でふたりの黒子(伊藤伸太朗、松本大卒:チャリT企画)が登場する。双数姉妹のレギュラー陣も相変わらずの達者ぶりを見せるが、今回のハイライトはなんといっても女形のふたりの熱演だろう。今回限りで退団するらしい近藤にも独特の色気が漂っていたし、花組芝居からの山下の存在感はさすがと思わせる。
ただ、それだけではいい芝居でしたね、で終わってしまうところを、前回に引き続いて北京蝶々から客演の帯金ゆかりが、爽やかな風を吹き込んでみせる。そういう意味では、チャリT企画のふたりも、饒舌な黒子として面白い存在感を出していた。彼らが持つ、いささか未熟だが、しかし新鮮なバイタリティは、いまや小劇場の芝居としてベテランの域に達してしまった双数姉妹のような劇団には、不可欠のようにも思えるが、どうか。

■データ
2005年12月1日ソワレ/新宿シアター・トップス